風の吹くまま、気の向くまま、テキトーに神社を巡るブログです。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖地巡盃の巻
2012/05/22/ (火) | edit |
おひさしぶりだにゃー。

こんなステキなサイトを発見したにゃー。


http://www.seichi-junpai.jp/index.html

聖地巡盃




聖地巡盃(せいちじゅんぱい)というらしいにゃ。

神社と酒」という、神話時代の日本から密接に結ばれて続けている関係をテーマに
旅に出ませんかというサイトらしいにゃ。

素晴らしいサイトなのでぜひ足を運んでみてくれにゃり。
スポンサーサイト
おかげ横丁の巻
2010/10/14/ (木) | edit |
えぇじゃないか!えぇじゃないか!


というわけで吾輩は、
お伊勢さんのお参りの後、
おはらい町・おかげ横丁をぶらり。


おかげ横丁_通り.jpg

すごい人の数。


おかげ横丁_通り2.jpg

ずーっと続くにゃ。


あんまりにも人通りが多いので、
途中、いろいろ食べ歩きとかをしたにゃりが、
写真撮りにくかったので省略にゃ。


おかげ横丁_来る福市.jpg

来る福市。


おかげ横丁_招き猫シリーズ.jpg

吾輩のお仲間がずらり。


おかげ横丁_招き猫大.jpg

猫親分。


おかげ横丁_にゃんちろりん.jpg

「にゃんちろりん」。
テーマソング?

今年の紅白を楽しみにしとくにゃ。


おかげ横丁_招き猫ずらり.jpg

猫シリーズ、完成していたの?


おかげ横丁_古市.jpg

地下道をくぐると、
壁面には、こんなオシャレなものが。


おかげ横丁_参ノ宮道.jpg

スクリーンセイバーにしたいにゃ。


おかげ横丁_おかげ参道.jpg

内宮おかげ参道。
みんな楽しかったね!


おかげ横丁_御神酒_神饌.jpg

ご祈祷していただいたので、
御神酒、神饌もいただけたにゃ。


あー、また行きたいにゃー。


人気ブログランキングへ





皇大神宮(内宮)の巻 其の弐
2010/10/11/ (月) | edit |
さて、吾輩は、
無事に御正宮(ごしょうぐう)をお参りをさせていただきました。


皇大神宮_五丈殿.jpg

五丈殿(ごじょうでん)。


皇大神宮_御饌殿.jpg

御饌殿(みけでん)。
ここで、ご祈祷していただきました。


皇大神宮_風日祈宮案内.jpg

風日祈宮(かざひのみのみや)のご案内。


皇大神宮_参道.jpg

絵になる感じ。


皇大神宮_風日祈宮鳥居3.jpg

風日祈宮鳥居をくぐって、
風日祈宮橋を渡るにゃ。


皇大神宮_五十鈴川2.jpg

五十鈴川。


皇大神宮_風日祈宮1.jpg

風日祈宮橋を渡って鳥居をくぐると、
それまでの和やかな空気から、
凛とした空気に変わるのを感じるにゃ。


皇大神宮_風日祈宮jpg.jpg

風日祈宮(かざひのみのみや)。


皇大神宮_風日祈宮御由緒.jpg

風を司る神様の
級長津彦命しなつひこのみこと)様、
級長戸辺命(しなとべのみこと)様を
お祀りしています。


皇大神宮_風日祈宮2.jpg

元寇の際、神風によって、
日本をお守りになられました。

ありがとうございます。


皇大神宮_風日祈宮橋.jpg

五十鈴川と風日祈宮橋。


皇大神宮_五十鈴川.jpg

ほっとするにゃ。


皇大神宮_風日祈宮鳥居2.jpg

別の橋から戻ってきたにゃ。


皇大神宮_参集殿.jpg

参集殿(さんしゅうでん)。

ここで休憩するにゃ。
お水がとてもおいしいにゃり。


皇大神宮_饗膳所.jpg

饗膳所(きょうぜんしょ)。

饗膳とは直会(なおらい)のことで、
神さまのおあがりになったものを共にいただき、
神さまのお恵みを願う意味だそうにゃ。


皇大神宮_神馬.jpg

御神馬(ごしんめ)。


皇大神宮_晴勇号.jpg

晴勇号(はれいさむごう)。
平成元年生まれだにゃ。


皇大神宮_鯉.jpg

鯉。


皇大神宮にわとり.jpg

神使の鶏(長鳴鳥)。



人気ブログランキングへ


皇大神宮(内宮)の巻 其の壱
2010/10/10/ (日) | edit |
さて、吾輩、
いよいよ皇大神宮(こうたいじんぐう)
内宮(ないくう)へお参りにやってきたにゃりよ。


皇大神宮_宇治橋鳥居.jpg

宇治橋鳥居(うじばしとりい)が見えるにゃ。

この鳥居が見えると、「ついにやって来た!」
とドキドキワクワクしちゃうにゃ。

明るくて清らかで開放的で、
みんな笑顔でニコニコ。

ここへ来ると、日本人で良かったな、とつくづく思うにゃ。
あ・・、ね、猫にゃんだけどね。


皇大神宮_御由緒.jpg

皇室のご祖神の「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」様をおまつりする、
わが国で最も尊いお宮です。

私たち日本人の総氏神様です。


皇大神宮_宇治橋鳥居2.jpg

グッと胸が熱くなるにゃ。

この明るく、楽しく、和やかな雰囲気こそが、
日本人が本来持っている神性から放たれるものなんだにゃ。

この雰囲気が、日本中、世界中、宇宙中に広がれば、
みんな和やかに楽しく、世界を認識することができるにゃり。


皇大神宮_五十鈴川3.jpg

宇治橋からの眺め。
安らぐ。ほっとするなあ~。


皇大神宮_神苑.jpg

神苑。

みんな笑顔でニコニコ。
ゆったりのんびり和やか。
大和民族は、こうでなくちゃ。


皇大神宮_手水舎.jpg

手水舎。


皇大神宮_第一鳥居.jpg

第一鳥居。


皇大神宮_五十鈴川御手洗場3.jpg

五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)。

人間の洗濯をするそうにゃ。


皇大神宮_五十鈴川御手洗場.jpg

美しいにゃり~。


皇大神宮_五十鈴川御手洗場2.jpg

きれいにゃり~。


皇大神宮_第二鳥居.jpg

第二鳥居。


皇大神宮_神楽殿3.jpg

御神札授与所。


皇大神宮_正宮案内.jpg

御正宮のご案内。


皇大神宮_大参道.jpg

清々しくて気持ちいい。
すごく広いので、いい運動になるにゃ。


皇大神宮_御正宮鳥居2.jpg

さあ、御正宮(ごしょうぐう)です!

この行列。


皇大神宮_御正宮鳥居.jpg

「鳥居の前までなら撮影OK」と衛士さんがおっしゃられていたので。



つづく。


人気ブログランキングへ


豊受大神宮(外宮)の巻 其の弐
2010/10/03/ (日) | edit |
御正殿でお参りの後、ふと振り返ると、
たくさんの人が何かを取り囲んでいるにゃ。
にゃんだろう?


豊受大神宮_三ツ石.jpg

三ツ石(みついし)。

石が3個重なっているにゃ。
紙垂(しで)を付けた綱で囲われているにゃり。
昔は、ここが川原だったことの名残だそうにゃ。


豊受大神宮_池.jpg

御池。
乳白色で不思議にゃり。


豊受大神宮_亀石.jpg

亀石(かめいし)。
手前側が顔と前足。に見えるかにゃ?


豊受大神宮_風宮御由緒.jpg

風宮(かぜのみや)。


豊受大神宮_風宮.jpg

風を司る神様であらせられる
級長津彦命(しなつひこのみこと)様、級長戸邊命(しなとべのみこと)様をお祀りしています。

元寇襲来に際して神風(かみかぜ)を起こして
日本をお守りになられた神様だそうにゃ。
ありがとうございます。


豊受大神宮_土宮_御由緒.jpg

土宮(つちのみや)。


豊受大神宮_土宮.jpg

大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)様をお祀りしています。

他の社殿と違い、古来、この宮のみは社殿が東向きに建てられているそうにゃ。


豊受大神宮_多賀宮御由緒.jpg

多賀宮(たかのみや)。

階段を登ったところにゃ。


豊受大神宮_多賀宮.jpg

豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)をお祀りしています。


豊受大神宮_参道.jpg

たくさんの人がお参りに来てるにゃ。


豊受大神宮_神楽殿02.jpg

神楽殿 外宮(かぐらでん げくう)。

背後に生える楠の巨木を一本たりとも伐らないよう、
配慮して設計されたとのことにゃ。


豊受大神宮_御由緒.jpg

豊受大神宮 御由緒。


豊受大神宮_せんぐう館.jpg

「せんぐう館」というのが、再来年完成するらしいにゃ。
見に来よう。


豊受大神宮_宮域図.jpg

豊受大神宮 宮域図。


豊受大神宮_灯篭.jpg

灯篭。


豊受大神宮_外宮前jpg.jpg

表参道。


また、お参りに来るにゃり!


次は内宮にゃ。


人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。